【宝島・名演奏】思わず見入る吹奏楽定番「宝島」演奏動画ベスト10

2020/01/12
コラム(雑学)

吹奏楽の定番曲の一つ「宝島」は動画サイトにたくさん演奏動画がアップロードされています。そこで数多くある宝島の演奏動画の中から、気づけば体がリズムをとってしまうような魅力に溢れたおすすめの宝島動画トップ10をご紹介します。

 

 

いまさら聴けない「宝島」の基本情報をおさらい

吹奏楽を経験した人なら誰もが耳にしたことがあるであろうT-SQUAREの「Takarajima(宝島)」。和泉宏隆さん作曲、真島俊夫さん編曲のこの楽曲は、長くそして広く吹奏楽で楽しまれている曲です。

そんな宝島はオリジナル曲が存在するのをご存知ですか?作曲者である加藤さんの所属するインストゥルメンタルバンド・T-SQUAREが、1986年に発売したアルバム「S・T・O・R・T・S」に原曲が収録されています。

宝島でおなじみのメロディラインは、原曲ではリリコンと呼ばれるソプラノサックスにもクラリネットにも形状が似ているシンセサイザーが演奏。電子感たっぷりのバンドサウンドは、吹奏楽の宝島とはまた違った印象を受けるのではないでしょうか。

 

どうして中・高学生から人気を集めるのか

宝島が、吹奏楽を楽しむ中・高学生からこんなにも人気を集める理由は、大きく以下の二つではないでしょうか。

・楽器ごとの見せ場があること。
・リズムの軽快さとノリの良さが魅力的であること

宝島は演奏に参加したどの楽器もが主役になれる楽曲です。「吹いている人も聞いている人も楽しめる」という、音楽の醍醐味がぎゅっと詰まっているのが宝島という楽曲の最大のポイントなのです。

そんな宝島だからこそ、こんなにも広く人気を集めているのではないでしょうか。

 

おすすめ「宝島」演奏動画ランキングベストTOP10

それではこの記事の本題、おすすめの宝島演奏動画トップ10をご紹介していきます。

動画サイトにアップロードされている宝島の演奏は、吹奏楽バージョンからアンサンブル、アドリブソロが見どころの演奏まで多種多様です。
そんな幅広い演奏スタイルがアップロードされている宝島動画の中から、10個のおすすめ動画をピックアップしました。

 

第10位:宝島/ナイルの守り 天理高等学校吹奏楽部 2016 Takarajima/Army of the Nile, Tenri High School Band

ついついテンションが上がってしまうせいか、はたまたそのノリの良さに食われてしまうせいか。「そのスピードで始めてしまうの!?」という聞いている方がハラハラしてしまうような演奏と出会ってしまうのは、宝島あるあるの一つではないでしょうか。

ですが天理高校の宝島の演奏はスピード感に溢れつつも、しっかり吹きこなしていて安心感を感じられます。サックスソロもコケることなく、正確で聞いていてドキドキすることはありません。どこまでもノリノリで楽しそうな天理高校の宝島の演奏は、確かな技術があるからこそ可能なのでしょう。

 

第9位:[吹奏楽] T-SQUARE “宝島” – 海上自衛隊佐世保音楽隊

安定感抜群のテンポで演奏される宝島を聞くなら海上自衛隊佐世保音楽隊の動画がおすすめ。決して早くない、それでもノリの良さは失われていない落ち着いた、キレのある自衛隊の音楽隊演奏を楽しめます。

インテンポで演奏される艶のあるサックスソロや華やかなトランペット・トロンボーンのソリは、まさに模範的な演奏とも言える、大人の成熟された宝島演奏です。

 

第8位:サックスカルテット【T-SQUARE 宝島】

サックス4重奏のおしゃれな宝島を聴けるのがGreenRaySaxophoneQuartet(グリーン レイ サクソフォーン カルテット)の宝島演奏動画です。彼女たちの演奏動画の中でも1番人気の演奏動画でもあり、動画の視聴回数は50万回を超えています。

この動画の見どころは、各パートごとに移るサックスソロです。各楽器に滑らかに引き継がれるソロ部分は気持ち良さに溢れ、曲中にある転調も含めて聞き応え抜群のサックスアンサンブルの宝島をが聞けます。

動画では初見演奏、練習の様子や、最後に通し演奏をする様子(11:30あたりから始まります!)収録されています。動画の最初に見られる初見の演奏あるあるの様子に、共感しすぎてしまう人も多いのではないでしょうか。

 

第7位:【New Style Brass!】宝島

サックスアンサンブルに続いて、第7位にランクインしたのは金管7重奏の宝島演奏です。
吹奏楽編成の宝島は金管楽器の音に、鋭い勢いを感じるものが多い印象ですが、金管楽器によって柔らかく演奏される新鮮な宝島を聞くことができます。

動画の編成はトランペット2本、トロンボーン3本、ユーフォニアム・チューバがそれぞれ1本ずつ。金管アンサンブルと考えるとホルンがいない珍しい編成ではないでしょうか。(筆者がホルン吹きだからそう思うところもあるかもしれません。)
演奏ではホルンのグリッサンドはトロンボーンが、サックスソロ部分はユーフォニアムが担
当しています。

 

第6位:Takarajima 宝島 – Eric Miyashiro 2017

トランペット奏者エリック・ミヤシロさんが編曲し・柏市立柏高等学校の生徒と共に演奏する宝島動画です。動画ではメロディラインはもちろんサックスソロまでもエリックさんがトランベットで吹くため、ぜひともトランペット吹きさんたちに視聴して欲しいところ。

またトランペット演奏だけでなく、編曲の内容も大変面白いのがこの動画の見どころです。オリジナルの宝島で見られない木管楽器を中心に演奏される静かな部分や、転調するトランペット・トロンボーンソリ部分など、一曲の中で大きく緩急が付けられています。メリハリに跳んだ曲の流れについつい体がリズムを刻んでしまうこと間違いなしです。

 

第5位:TAKARAJIMA / 和泉宏隆(真島俊夫 編曲)

少し早めのテンポと出だしのクラップから、そのノリの良さを溢れんばかりに感じる宝島演奏です。

この動画の最大のポイントは、何と言ってもサックス奏者オリタノボッタこと織田浩司さんと宮崎隆睦さんのサックス演奏でしょう。2人によって繰り広げられるアドリブソロを聞けば、宝島ってサックスのための楽曲だったんだなと改めて感じるのではないでしょうか。

どこまでも自由に宝島を演奏するサックスの音色を思う存分楽しめます。

 

第4位:大阪桐蔭高校 吹奏楽部 「宝島」 【THE SQUARE (現 T-SQUARE)】

総勢何人で演奏しているのか…。大人数で演奏される大阪桐蔭高校の宝島演奏を第4位に選びました。

注目したいのは9人で演奏するサックスソリと、3列に及ぶ奏者総出で演奏するトランペット・トロンボーンソリです。サックスソリは1本のサックスが吹いているのでは?と感じるほどの音の揃い具合です。また、トランペット・トロンボーンソリは動画ながらその音圧に圧倒されてしまうほど迫力があります。

こんなに大人数なうえ、12月という真冬の野外演奏でピッチの狂いなく演奏される宝島はまさに圧巻と言えるのではないでしょうか。

 

第3位:[吹奏楽] T-SQUARE “宝島” 🎷 海上自衛隊横須賀音楽隊

市川薫さんのアルトサックスにフィーチャーした海上自衛隊横須賀音楽隊の宝島演奏動画が第3位に。

イントロのサックスの音で、一気に海上自衛隊横須賀音楽隊の宝島の演奏に引き込まれます。従来のサックスソロはもちろん、曲の途中途中で挟まれるのびやかで自由自在な市川さんのサックス演奏が動画の見どころです。

また、演奏では宝島の本来のメロディーとサックスソロが両立していますし、屋外演奏でもホルンの吠える部分もしっかり鳴っており聞き応え抜群の宝島演奏動画です。

 

第2位:近畿大学附属高等学校吹奏楽部[私のお気に入り~アンコール:宝島]

動画の7:30からはじまる近畿大学附属高等学校の宝島演奏は、ムーディさも感じる安定感抜群のテンポが心地よい演奏です。
畿大学附属高等学校の演奏は、往往にして走ってしまう楽曲であることを微塵も思わせないどっしりとした安心感があります。

またそれぞれ違う演奏者によるサックスソロが複数存在するのもポイント。まるで自分の体の一部かのごとく歌われる艶やかなサックスソロの数々に、耳が幸せになること間違いなしです。

 

第1位:宝島/作曲:和泉宏隆(arr.真島俊夫)/指揮:福本信太郎

宝島演奏動画の第1位は、川口市を拠点に活動するアンサンブルリベルテ吹奏楽団の定期演奏会で演奏された宝島です。動画の演奏会は、吹奏楽で愛される宝島のスコアを編曲した真島俊夫さんの追悼演奏会でもあります。

重たくもなくそして軽快すぎずインテンポで演奏されるアンサンブルリベルテ吹奏楽団の宝島は、揺るぎのないアンサンブルを感じます。
また、ソプラノ・アルト・テナー・バスのSAX全員で吹くサックスソリやドラムソロ、トランペット・トロンボーンのソリなど、各楽器が主役になっている様子も。

演奏のどの部分を切り取っても心地よい軽快な宝島を聴けるアンサンブルリベルテ吹奏楽団の宝島演奏は、生で聞けないのがもどかしくなるほど最高の演奏です。

 

まとめ

吹奏楽経験者なら一度は耳にしたことがある、吹奏楽の定番曲とも言える宝島の演奏動画セレクショントップ10をご紹介しました。

アンサンブル編成の演奏や特定の楽器にフィーチャーした演奏など、吹奏楽編成以外の宝島も大変面白い動画がたくさん公開されています。
編成もそうですがそれぞれ見どころが違うため、どの演奏を聞いても同じ宝島であり全く違う宝島。
音楽に正解はありません。それぞれの「最高の宝島」に出会う一助になれば幸いです。

ライター:あおばかえ

コラム(雑学)の記事をもっと読む
関連タグ
関連記事