YouTubeやSNSで話題のストリートピアノ。駅や空港、商業施設などに置いてあるピアノのことで、誰でも演奏できるのが魅力です。

昨今では、駅員が超絶技巧で弾きこなしたり、プロのピアニストが流行りの曲を披露したりするYouTube動画が人気で、ストリートピアノの演奏動画を投稿するピアノユーチューバーも増えています。大勢の前で堂々と演奏する姿には憧れますよね。

そこで今回は、ストリートで演奏する人気のピアノユーチューバーを紹介します。かっこいい演奏動画をみてワクワクしたい方は必見ですよ!

よみぃ

よみぃ

チャンネル登録者数154万人(2021/06/28時点)の大人気ピアノユーチューバー「よみぃ」さん。ストリートピアノ界では最も有名といっていいでしょう。

普段はピアニストや作曲家として活動しており、人気リズムゲーム「太鼓の達人」がプロ並みに上手いことでも知られています。

ストリートピアノでは、東京都庁展望台や銀座sony parkなど有名な場所で弾いている動画が多いです。難曲を高速で弾きこなしたり連弾で派手に演奏したりしており、かっこいいストリートピアノ動画を探している方におすすめです。

ハラミちゃん

ハラミちゃん〈harami_piano〉

「ハラミちゃん」は、動画総再生回数3.5億回以上、チャンネル登録者数172万人(2021/06/28時点)の人気ピアノユーチューバーです。ミュージックステーションやしゃべくり007などのTV番組にも出ているので、ご存知の方も多いでしょう。

ストリートピアノのYouTube動画では、オーディエンスのリクエストに応えたり、誰もが知っている有名曲を演奏したりと、幅広いジャンルの曲を聴くことができます。ストリートピアノをあまり知らない方でも楽しめますよ。

また、広瀬香美さんや大塚愛さんといった有名人とのコラボもあり、オリジナル性が高いのも魅力です。

菊池亮太

菊池亮太 Ryota Kikuchi PIANO

ピアニスト兼作曲家の「菊池亮太」さんは、国際ピアノコンクールでの優勝やプロアーティストのサポート経験がある本格派の演奏者です。現在は、ゲーム音楽や映画音楽のほか、東京オリンピックCMの楽曲提供も手がけるなどの活躍をしています。

登録者数35万人以上のYouTubeチャンネルでは、ストリートピアノやピアノライブの動画を定期的にアップ。ポップスだけでなく、ショパンやリストなどクラシック音楽もカバーしており、いずれも非常に高いクオリティなのが魅力です。

音楽に詳しくない方から音楽経験豊富な方まで、幅広く楽しめるでしょう。

けいちゃん

けいちゃん / Keichan

「けいちゃん」は、2019年のチャンネル開設後、わずか1年9ヶ月で登録者数100万人を突破した大型新人ピアノユーチューバーです。2021年にはデビューアルバムを発売し、全国ツアーを行うなど華々しい活躍をしています。

100万回再生を超える動画は65本以上。鬼滅の刃の曲やKing Gnuの白日といったポップスからジブリなどの有名曲まで幅広いジャンルを演奏しており、様々な世代から支持を得ています。端正な顔立ちから女性人気が特に高く、アイドル的な人気もあります。

ほとんどがストリートピアノ動画なので、純粋にストリートピアノの演奏を楽しみたい方におすすめです。

僕、フォルテ

僕、フォルテ/Mr.Forte

チャンネル登録者数23.8万人(2021/06/28時点)の、筋肉ピアニスト系ユーチューバーという変わった肩書きを持つ「僕、フォルテ」さんは、過去にはプロのピアニストや芸人を目指していました。

コメディ要素の強いユーチューバーですが、日本クラシック音楽コンクールやショパン国際ピアノコンクールinASIAアジア大会での優勝経験を持ち、その演奏技術は折り紙付き。

ストリートピアノ系の動画では、おじいちゃんやサンタさんに変装してドッキリ風に演奏することが多く、バラエティ番組のように観ることができます。ピアノあるあるや独自の練習法といったさまざまな動画があり、演奏以外でも楽しめるでしょう。

さなゑちゃん

うちのピアノロイドが殺人鬼である可能性は微粒子レベルで存在する

「さなゑちゃん」は、ピアノ演奏パフォーマー・音楽プロデューサー・作曲家など、幅広い分野で音楽活動を行っているユーチューバーです。

投稿ジャンルはストリートピアノや即興演奏で、ポップスからジャズまでカバーしています。30年以上のピアノ歴と東京藝術大学を受験するほどの技術を持っており、どの演奏も高レベルです。

そんな彼女の最大の魅力は乱入連弾。誰かが演奏しているところに乱入し一緒にピアノを弾くというパフォーマンス動画が特に人気です。ハラハラドキドキしながら楽しめるでしょう。

ふみ

ふみ

普段は札幌の大学生として生活する「ふみ」さんは、チャンネル登録者数35万人超えの人気ピアノユーチューバーです。人気雑貨店「ヴィレッジヴァンガード」とのコラボグッズを発売したり地上波で冠番組に出演したりと、大学生とは思えない活躍ぶり。

YouTubeのストリートピアノ動画では、流行りの曲やジブリ音楽など有名なものを多く演奏しているため、音楽の知識が浅くても楽しめます。ほかにも、ファミリーマートの入店音を米津玄師風に編曲するなど、元々ある曲をアレンジする動画も大人気です。

2020年には全国各地でコンサートやワンマンライブを行っており、今後もさらなる活躍に期待です。

難波大

難波大 Masaru Namba

「難波大」さんは、クラシック音楽メインのピアノユーチューバーです。ストリートだけでなく、本格的なプログラムでコンサートを行うピアニストでもあり、レベルの高いパフォーマンスが魅力です。

ショパンの英雄ポロネーズやベートーヴェンの悲愴ソナタなど難曲を披露することが多く、お客さんが立ち止まって聴き入る様子も観ることができますよ。

エンターテインメント要素は少なく、弾いてみた動画が中心なので、シンプルにストリートピアノ動画を観たい方にうってつけです。

ござ

ござ / Goza’s Piano Channel

チャンネル登録者数28万人超えの「ござ」さんは、クラシックからサブカルまで、さまざまなジャンルのストリートピアノ動画を投稿するユーチューバーです。

過去に介護の仕事をしていたため昭和歌謡も得意で、ストリートピアノ動画では年配の方も多く足を止めるのがみられます。ほかにJ-POPのアレンジやゲーム音楽を演奏する動画もあり、若い年代の方も楽しめるでしょう。

ハラミちゃんやよみぃさんなど有名ユーチューバーとのコラボが多く、いろいろなピアノユーチューバーを知るきっかけとしてもおすすめです。

色々なジャンルの曲を高レベルな演奏で聴きたい方は、ござさんのYouTubeをチェックしましょう。

OOKI engineering

OOKI engineering

独学でピアノを弾くユーチューバー「OOKI engineering」さんは、全て耳コピで演奏しているのが特徴。その技術は経験豊富な人たちと何ら変わらず、ショパンの別れの曲から椎名林檎さんの丸の内サディスティックまで難なく弾きこなします。

ストリートピアノではJ-POPのほか、積水ハウスのCM曲やJR東海ソングなど変わった曲も演奏。アレンジのテクニックもあり、更新頻度は高くないもののオリジナルで編曲した曲を演奏する動画も多く、飽きずに楽しめるでしょう。

自由でオリジナル性の高い演奏を聴きたい方におすすめのピアノユーチューバーです。

まとめ

昔は「うざい」などの批判もあったストリートピアノですが、最近では高い人気を誇るようになり、実際に演奏するユーチューバーも増えています。

今回紹介した演奏者の動画は、どれも演奏レベルが高く個性があふれています。魅力たっぷりの演奏を聴くことで、ピアノのよさを再確認できるでしょう。

ぜひ本記事からお気に入りのピアノユーチューバーを見つけてくださいね。