【ユーフォニアム奏者が教える】中古ユーフォニアムの選び方

                                   
楽器
公開日時:2020/04/17
 
更新日時:2020/04/26
                       

「ユーフォニアムが欲しいけど金額が心配」「中古楽器は古いから買わない方がいいのでは」と不安に思っている人は多いのではないでしょうか。
 
確かに中古ユーフォニアムには中古楽器のデメリットはありますが、実は意外なメリットも存在します。
 
この記事では、中古ユーフォニアムを購入する前に知っておきたいさまざまな知識についてご紹介します。

 

中古ユーフォニアムの3つのメリット

中古楽器と聞くと「汚い」「古い」などマイナスなイメージを抱く人もおられるかもしれませんが、実は意外なメリットも……。
 
ここでは、中古のユーフォニアムのメリットをご紹介します。
 

【メリット①】人気メーカーを格安で買える場合がある

中古楽器の最大のメリットはその価格でしょう。ユーフォニアム奏者なら誰もが憧れる人気メーカー(ヤマハ、ベッソン、ウィルソン)の楽器を格安で購入でき、場合によっては数千円~数万円程度で手に入る可能性もあります。
 
人気モデルや廃盤モデルが中古で販売されている場合もあるため、ユーフォニアムの初心者はもちろん、経験者もぜひチェックしておくのがおすすめです。
 

【メリット②】使い込んでいない楽器も中古に出される場合がある

中古楽器だからと言って、使い古した楽器ばかりとは限りません。
 
さまざまな事情により、購入したばかりの新品楽器を手放さなくてはならないケースもあります。
 
たとえ未使用だとしても、一度でも人の手に渡った楽器は中古品として扱われるため、新品同様の楽器が中古で販売される可能性もあるのです。
 

【メリット③】吹き込まれた楽器は音が鳴りやすい場合がある

使えば使うほど馴染んでくる革製品のように、楽器も吹けば吹くほど馴染んでくるもの。
 
よく吹き込まれた楽器は音が鳴りやすく、演奏しやすいと感じる人も多いようです。反対に、誰にも吹き込まれていない新品楽器は演奏しにくいと感じるかもしれません。
 
よく吹き込まれ音の鳴りやすい楽器を求めているなら、中古楽器がおすすめです。
 

中古ユーフォニアムの3つのデメリット

中古楽器には意外なメリットがある反面、デメリットも存在します。
 
長く付き合えるユーフォニアムと出会うためにも、あらかじめ中古楽器のデメリットを知っておきましょう。
 

【デメリット①】誰が使っていたか分からない場合がほとんど

前の持ち主について教えてもらえる可能性もありますが、残念ながら誰が使用していたのか分からないのがほとんど。
 
個人情報を守るためでもありますが、人から人へと渡ってきた場合は過去の持ち主を遡るのが難しいのも理由の一つです。
 

【デメリット②】キズや凹みが目立つ場合がある

格安の中古楽器の中には、扱いが悪かったり、落下させてしまったりして楽器本体にキズや凹みがあることもあります。
 
キズだけでは音色に支障がないケースがほとんどですが、大きな凹みは音色に影響を与える可能性もあるため注意が必要です。
 
また、一見すると大きな傷みがないように見えても、演奏時に衣類の金属部分が当たることによって、細かいキズが無数に付いている可能性もあります。
 

【デメリット③】パーツが消耗している

長年使い込まれた楽器やメンテナンスをされずに販売されている中古楽器は、パーツが消耗しています。ユーフォニアムの場合は、消耗品であるピストンのフェルトが薄くなっている可能性が高いでしょう。
 
フェルトが消耗していると演奏時にピストンの金属音が響いたり、滑らかな動きができなかったりするなどの支障がありますが、フェルトを購入すれば自分で交換ができるため、ご安心くださいね。
 

中古ユーフォニアムはどこで手に入る?

中古楽器は楽器店以外にもさまざまなルートで手に入れることができます。ここでは、中古のユーフォニアムを手に入れる方法について簡単にご紹介しましょう。
 

楽器店

楽器店では、新品楽器から中古楽器までさまざまな種類の楽器を取り扱っています。
 
専門のスタッフと相談しながら選べるため、初心者にもおすすめです。
 
ただし、楽器店の規模によっては取り扱いがない場合もあるため、事前に取り扱いの有無を確認しておきましょう。
 

個人売買

インターネットのオークションサイト、メルカリ、ジモティ等に出品されている場合もあります。
 
人気モデルや廃盤モデル、人気奏者が使用した楽器などが見つかる可能性もありますが、これらは高値になりやすいため、安く購入したい人にとっては比較的ハードルが高いと言えるでしょう。
 

ネット販売

中古のユーフォニアムは、リサイクルショップや楽器店のオンラインショップなどでも販売されています。
 
元の価格や楽器の状態などは細かく記載されていることが多いため、いくつかのサイトを比べながらじっくりと選びたい人におすすめです。
 

SNS

近年では、SNSを通じて売買のやり取りが行われることもあります。
 
質問や値段交渉をしやすく気軽に利用できますが、「楽器が届かない」「届いた楽器が破損している」など思いがけないトラブルに巻き込まれる可能性もあるため、利用時には注意が必要です。
 

失敗しない中古ユーフォニアムの選び方

これまでご紹介したように、楽器店やインターネットサイトなどを上手く探せば、状態の良いユーフォニアムをお得に購入できます。中古のユーフォニアムを購入する際には、以下の3つのチェックポイントを参考にするとよいでしょう。
 

楽器本体のキズや凹みの有無
付属品(楽器ケースなど)の有無
メンテナンスが済んでいるか

また、楽器との相性や吹き心地は、価格や写真だけでは分かりません。したがって、楽器店などに出向いて実際に持ってみたり、試奏してみたりするのがおすすめ。
 
どうしても楽器店へ出向くのが難しい場合やインターネットで購入する場合は、気になることは事前に質問しておきましょう。
 
その際に、ピストン部分や管部分の細かい写真を見せてもらうとより安心です。
 

まとめ

今回は、中古ユーフォニアムについて、メリットやデメリット、購入時のポイントなどを詳しくご紹介しました。
 
常に安定した価格で販売される新品楽器と異なり、中古楽器との出会いはまさにご縁。いつでも格安のユーフォニアムが見つかるとは限らないため、小まめに情報をチェックしておくことが大切です。
 
この記事を参考に、安くてお得な中古ユーフォニアムを探してみてくださいね。

楽器の記事をもっと読む
文化芸術活動
文化芸術活動
関連タグ
関連記事
よく読まれている記事
新着記事
#人気のタグ