※2022年2月14日追記※
第5回高松国際ピアノコンクールの開催が新型コロナの影響(オミクロン株の急拡大)により約1年延期となることが確定しました。
なお、延期されたコンクールには、2021年に行われた予備審査を通過している50人が出場する予定です。

新たな開催日程は以下の通りです。

期間:2023年の2月12日~24日
会場:レクザムホール(サンポートホール高松から変更となりました)

詳細な日程が発表され次第随時情報を更新します。

世界に羽ばたくピアニストの登竜門として、年々注目度が高くなっている「高松国際ピアノコンクール」。2022年3月には第5回が、香川県高松市のサンポートホール高松にて開催されます。

今回は、本コンクールの概要やレベル、日程、課題曲などを紹介します。

高松国際ピアノコンクールとは?

出典:サンポートホール高松 大ホール

高松国際ピアノコンクールは、四国で初めての国際的な音楽コンクールとして2006年に始まりました。以来、4年に1度開催され、世界の舞台を目指すピアニストの登竜門として国内外から注目される大会へと成長しています。

瀬戸内の美しい景観を味わえる『サンポートホール高松』で開催されるこのコンクールは、主に企業・団体からの寄付によって運営されており、各方面からの期待の大きさが伺えます。

優勝者には賞金のほか、日本および海外でのリサイタルやオーケストラとの演奏会の機会が与えられます。

コンクールのレベル

日本に数あるピアノコンクールの中でも、国際音楽コンクール世界連盟に加盟している下記3つは国内トップレベルの大会と言われています。

  • 高松国際ピアノコンクール
  • 浜松国際ピアノコンクール
  • 仙台国際ピアノコンクール

高松国際ピアノコンクールは歴史が浅いものの、素晴らしい演奏技術や表現技法を持つ優秀なピアニストが国内外からこぞって参加し、腕を競い合う場となっています。

コンクールの過去の優勝者

過去の大会で優勝した4人のピアニストは、現在もさまざまな場で活躍中です。

2006年、第1回コンクールのグランプリに輝いたのは、ウクライナのパヴェル・ギントフ。キエフに生まれ、チャイコフスキー記念国立モスクワ音楽院で学んだ彼は、アメリカを中心に広く演奏活動を展開しています。

第2回優勝者はロシアのアレクサンドル・ヤコブレフ。「ロシアンピアニズムの若き至宝」
と呼ばれ、高松国際以降もシンシナティ国際ピアノコンクール、エットレ・ポッツオーリ国際ピアノコンクールなど、いくつもの国際ピアノコンクールで優秀な成績を収めています。

第3回優勝者は韓国のムン・ジヨン。家にピアノがなかったため教会のピアノで練習を重ねたという苦労人の彼女は、高松国際コンクールでの優勝以降、2014年のジュネーブ国際音楽コンクールピアノ部門、2015年のブゾーニ国際ピアノコンクールでも優勝し話題を集めました。

そして第4回優勝者は古海行子。彼女はその後、パデレフスキ国際ピアノコンクールで3位受賞、ショパン国際ピアノコンクール参加、さらにアルバム『シューマン:ピアノ・ソナタ第3番』でCDデビューするなど、着実に活躍の場を広げています。

第5回高松国際ピアノコンクールの審査の流れ

本コンクールは、①予備審査、②予選(第1〜3次審査)、③本選の3段階で構成されています。

予備審査は動画審査形式で、2021年10月に実施されました。今後は予備審査以降が実施され、3月下旬には全日程を終了する予定です。
予備審査以降の日程は下記の図の通りです。

第5回高松国際ピアノコンクールの日程と会場

※2022年2月14日追記※
新型コロナウイルス(オミクロン株急拡大)の影響により約1年延期となりました。
新たな開催日程は以下の通りです。

期間:2023年の2月12日~24日
会場:レクザムホール(サンポートホール高松から変更となりました)

詳細な日程が発表され次第随時情報を更新します。

前述の通りコンクールは昨年からすでに始まっており、予備審査が終了して通過者が発表されています。全体の日程と会場は以下になります。

予備審査

予備審査は2021年4月1日〜9月20日の間に、動画審査の形式で行われました。審査結果は同年12月3日にコンクール公式サイトで発表されています。

予選

予選は第1〜3次審査で構成されており、一般公開されることになっています。各日程は次の通り。
*チケット情報はまだ公表されていません。随時公式サイトをご確認ください

第1次審査

日程

2022年3月15日(火)~17日(木)

会場

サンポートホール高松 大ホール

第2次審査

日程

2022年3月19日(土)~20日(日)

会場

サンポートホール高松 大ホール

第3次審査

日程

2022年3月22日(火)~23日(水)

会場

サンポートホール高松 大ホール

本選

日程

2022年3月26日(土)~27日(日)

会場

サンポートホール高松 大ホール

結果発表・表彰式

日程

2022年3月27日(日)

会場

サンポートホール高松 大ホール

入賞者演奏会

日程

2022年3月28日(月)

会場

サンポートホール高松 大ホール

2021年12月にはプレイベントも開催

2021年12月5日(日)、香川県レクザムホール大ホールにて、第5回高松国際ピアノコンクールのプレイベントが開催されました。

演奏は高松交響楽団。ブラームス「ピアノ協奏曲第2番変ロ長調」でのソリストは、第5回高松国際ピアノコンクール副審査員長の青柳晋氏が務めました。

第5回高松国際ピアノコンクールの課題曲

ここからは、第5回高松国際ピアノコンクールの課題曲を紹介します。規定や詳細については公式サイトもあわせてご確認ください。

第1次審査

下記のA→B→Cの順に演奏。演奏時間は合計20分以上25分以内。

A

J.S.バッハ 平均律Ⅰ、Ⅱ巻より1曲を選び、演奏

B

ショパン 練習曲作品10または作品25(作品10-3および10-6、作品25-7以外)より1曲を選び、演奏

C

1900年以降に作曲された作品を演奏

第2次審査

下記のA→Bの順に演奏。演奏時間は合計45分以内。

A

次のモーツァルトのソナタより1曲を選び、全楽章を演奏

 

・第8番 イ短調 K.310
・第13番 変ロ長調 K.333
・第14番 ハ短調 K.457
・第14番 ハ短調 K.457
・第18(17)番 ニ長調 K.576

B

シューマン、ブラームス、シューベルト、メンデルスゾーン、ショパン、リストより任意の楽曲を選び、演奏

※複数の作曲家も可

※ソナタの場合は全楽章を演奏

第3次審査

下記のA→B→Cの順に演奏。

A

次のベートーヴェンのソナタより1曲を選び、全楽章を演奏。

 

・第18番 変ホ長調 Op.31-3(繰り返しなし、第3楽章のダ・カーポはあり )
・第21番 ハ長調 Op.53(繰り返しなし)
・第23番 ヘ短調 Op.57(第2楽章の繰り返しあり、第3楽章はコーダの繰り返しのみあり)
・第31番 変イ長調 Op.110(第2楽章の繰り返しあり)
・第32番 ハ短調 Op.111(第1楽章の繰り返しなし、第2楽章の繰り返しあり)

B

第5回高松国際ピアノコンクール委嘱作品を演奏

C

下記のピアノ四重奏曲より1曲を選択し、主催者が指定する室内楽奏者と協演

 

・シューマン: 四重奏曲 変ホ長調 Op.47
・ブラームス: 四重奏曲 第3番 ハ短調 Op.60
・フォーレ: 四重奏曲 第1番 ハ短調 Op.15

本選

下記のピアノ協奏曲のうち任意の1曲を選択し、主催者が指定するオーケストラと協演。

オーケストラ:瀬戸フィルハーモニー交響楽団
指揮:広上 淳一

A

ベートーヴェン

 

・協奏曲 第3番 ハ短調 Op.37
・協奏曲 第4番 ト長調 Op.58
・協奏曲 第5番 変ホ長調「皇帝」Op.73

B

ショパン

 

・協奏曲 第1番 ホ短調 Op.11
・協奏曲 第2番 ヘ短調 Op.21

C

シューマン

 

・協奏曲 イ短調 Op.54

D

リスト

 

・協奏曲 第1番 変ホ長調
・協奏曲 第2番 イ長調

E

 

ブラームス

 

・協奏曲 第1番 二短調 Op.15

F

サン=サーンス

 

・協奏曲 第2番 ト短調 Op.22
・協奏曲 第4番 ハ短調 Op.44
・協奏曲 第5番 ヘ長調 Op.103
・協奏曲 第4番 ハ短調 Op.44
・協奏曲 第5番 ヘ長調 Op.103

G

チャイコフスキー

 

・協奏曲 第1番 変ロ短調 Op.23

H

グリーグ

 

・協奏曲 イ短調 Op.16

I

ラフマニノフ

 

・協奏曲 第2番 ハ短調 Op.18
・協奏曲 第3番 ニ短調 Op.30

入賞者へ贈られる賞も豪華!

レベルが高く、国内外から広く注目される大会だけあって、入賞者へ贈られる賞も豪華です。

◆賞金
第1位:3百万円
第2位:百万円
第3位:五十万円
第4位:三十万円
第5位:二十万円

◆1位入賞者への副賞
①日本および海外でオーケストラとの共演
②日本および海外のホールでのリサイタル

現在確定している優勝者のための演奏会が、公式サイトに挙げられています。国内外で15本ものコンサートに出演できるという豪華さです。

まとめ

年々レベルアップしている高松国際ピアノコンクール。今年の優勝者は誰になるのか、とても楽しみですね。

新型コロナウイルス感染拡大の影響が心配ではありますが、状況が許せば会場に足を運んで、ピアニストたちの情熱を間近で味わいたいものです。