「クラシックのピアノ曲って難しくてよくわからない」
「どんな曲をどう聴いていいかわからない」
クラシックに対して、こう思っている方は少なくないはず。
ご安心ください。クラシックのピアノ曲はBGMとして気軽に聴くぐらいで十分楽しめるのです。

また、
「かっこいいクラシックのピアノ曲を知りたい」
「曲名がわからないんだけど、あれなんていうピアノ曲なんだろう…」

そんなあなたの疑問に本記事はお答えします。

誰もが一度は耳にしたことのある曲も多く、クラシック初心者の方にもおすすめですよ。

案内人

  • 木内小夜子国立音楽大学卒業。4歳よりクラシックピアノを始め、玉澤敬子、青柳いづみこ、黒川浩、故・松下隆二、木村真紀の各氏に師事する。地元静岡にて同大学静岡県東部同調会主催のコンサートや沼津市芸術祭など、都内及び国内各地での演奏会や、西安、クアラルンプールの海外での演奏会にも出演。

    詳しくはこちら

エリーゼのために(ベートーヴェン)

ベートーヴェンの作品の中でも、とりわけ有名な一曲。馴染みやすい旋律を持ち、コンサート等でも演奏される機会は非常に多いです。

「エリーゼって誰?」という疑問が浮かびますが、この曲はベートーヴェンの死後に発見されているため真実は闇の中。とはいえ、2つの説が伝えられています。
1人目のエリーゼさんは、彼と親交の深かったテレーゼ・マルファッティ。本曲の譜面は、彼女の遺品の中から発見されました。ベートーヴェンの字が雑であったため、テレーゼをエリーゼと読み間違えてしまったのではと言われています。

2人目のエリーゼさんは、ソプラノ歌手のエリザベート・レッケル。彼女の兄はベートーヴェンの歌劇に出演しており、その関係でベートーヴェンとエリザベートも親交を持っていました。そして、ベートーヴェンは彼女に恋心を抱いていたと言われています。エリザベートは作曲家のフンメルと1810年4月に婚約するのですが、「エリーゼのために」が作曲されたのは1810年4月27日。彼女へのお別れの作品だったのかもしれません。

こうしたエピソードを知ると、この短い作品から、誰かを思う切なさ、喜び、悲しみなど、いろいろな感情が聞こえてくると思います。

小犬のワルツ(ショパン)

ショパンの晩年の作品です。恋人であったジョルジュ・サンドの飼っていた子犬が、自分の尻尾を追いくるくると回転する様を、即興で曲にした作品といわれています。中間部に聞こえてくる高く短い音は、子犬がつけていた鈴の音を装飾音符で表現したとも。

これらのエピソードの通り、可愛らしく軽やかな一曲です。

別れの曲(ショパン)

ショパンの練習曲(エチュード)の中の一曲です。ショパンの練習曲集は音楽大学の入試の課題曲にも使用される高難度のもので、本曲も冒頭こそ緩やかで甘美なものの、中間部は技巧的なフレーズへ展開していきます。

「別れの曲」という通称は、ショパンが名付けたものではありません。1934年に公開されたショパンを描いたドイツ映画『別れの曲』でこの曲が使われ、以後日本ではこう呼ばれるようになりました。ちなみに海外では「Tristesse(悲しみ)」という愛称で知られています。

月の光(ドビュッシー)

フランスの作曲家ドビュッシーの作品『ベルガマスク組曲』の第3曲が、この「月の光」です。ベルガマスクとは「ベルガモの」という意味で、当時ドビュッシーとも親交のあった詩人ヴェルレーヌの詩集『艶なる宴』の一節から引用されています。

作曲されたのは1890年頃で、1905年に出版されました。優しく柔らかく、繊細で透明な美しさが終始漂うこの作品は、ドビュッシーの最も有名な曲のひとつでしょう。

アラベスク第1番(ドビュッシー)

こちらもドビュッシーのポピュラーなピアノ作品で、1891年に出版されたものです。

アラベスクとはイスラム美術の一様式で、工芸や建築の装飾に使用される唐草模様や幾何学模様のこと。ドビュッシーは、これを特にバッハの音楽と結び付け「芸術のあらゆる様態の根底である “装飾” の原理」との言葉を残しています。

2曲あるドビュッシーの「アラベスク」は、いずれも繰り返しながら発展していく旋律のモチーフと、生き生きと躍動するリズムが特徴です。音が交差し交わりながら広がっていくその様は、まさにアラベスク模様を思わせます。

ユーモレスク(ドヴォルザーク)

「ユーモレスク」はロマン派音楽の種類のひとつで、自由な形式や滑稽な雰囲気を持つ気まぐれな曲想が特徴です。

ドヴォルザークのピアノ作品は少ないものの、全8曲あるユーモレスク集の第7曲である本曲は非常に有名です。イタリアのヴァイオリニスト・作曲家であるクライスラーによるヴァイオリン用の編曲もポピュラーで、ヴァイオリン教室の発表会ではプログラムの常連となっています。軽やかで可愛らしいモチーフ、哀愁漂う展開部……小品ですが、魅力的な一曲です。

ピアノ・ソナタ第11番イ長調第3楽章「トルコ行進曲」(モーツァルト)

オーストリアの作曲家モーツァルトが1783年頃に作曲した、ピアノソナタK.331の第三楽章にあたります。冒頭に「Alla Turca(トルコ風に)」と記されているのが「トルコ行進曲」の愛称の由来です。

その知名度ゆえに、単体で演奏される機会も多い作品です。作曲当時のウィーンではトルコの軍楽が人気で、1783年はトルコ軍によるウィーン包囲に対してハプスブルク家が勝利してから100周年だったこともあり、モーツアルトはこの作風を用いたようです。

軍楽隊の打楽器のような規律正しい左手の伴奏、モーツァルトらしいコロコロと転がるような旋律、そして華やかなコーダが素敵なかっこいい作品です。

ラ・カンパネラ(リスト)

この曲は、ハンガリー出身の作曲家リストによる「パガニーニによる大練習曲集」の第3曲にあたります。

パガニーニはイタリアのヴァイオリニストで、その技術の高さは「悪魔に魂を売り渡して代償として得たものだ」と言われるほどでした。そんな彼が作曲した「24の奇想曲」と「ヴァイオリン協奏曲第2番」のモチーフを使い、ピアノ向けに編曲したのがリストです。

リスト自身も非常に高度な演奏技術を有したピアニストでした。この大練習曲集は、時代を超えた天才同士の共演だといえるでしょう。

「鐘」という意味の「ラ・カンパネラ」は難易度の高い作品で、鐘の音が終始聞こえています。リストらしい情熱的でダイナミックな展開に息を飲むでしょう。日本ではフジコ・ヘミングさんのレパートリーとして有名になりました。

愛の挨拶(エルガー)

イギリスの作曲家エルガーの有名な作品です。1888年に作曲され、彼の妻となるキャロライン・アリス・ロバーツへ捧げられています。

「愛の挨拶」は、元々はバイオリンとピアノのために作られましたが、作曲者自身の手でさまざまな編成に編曲され、ピアノ独奏版もその1つです。この甘く柔らかく、美しい旋律を聴くと、若いエルガーがいかにキャロラインへ曇りのない愛情を注いでいたかが、手に取るようにわかります。

亡き王女のためのパヴァーヌ(ラヴェル)

フランスの作曲家ラヴェルが、1899年に作った一曲です。

パヴァーヌとは、16世紀頃からヨーロッパの宮廷で普及していた、男女によるゆったりとした動きの舞踏のこと。また本曲の題名は、亡くなった王女の葬送の哀歌ではなく「昔、スペインの宮廷で小さな王女が踊ったようなパヴァーヌ」だとラヴェル自身が述べています。原題の「infante défunte」は、直訳すると「死んだインファタ(スペイン女王の称号)」ですが、実際には単に韻を踏んだ表現だとされています。

晩年に記憶障害に陥ったラヴェルが、街中でこの曲を耳にしたとき「なんて美しい曲なんだ。誰が作ったのだろう?」と尋ねたエピソードは有名です。古典的な作風で、懐かしさを感じさせ心に染み入る、美しい作品です。

名曲に歴史あり

名曲には必ず歴史があります。時代背景、作曲家の性格や趣味嗜好、歩んだ人生……それらを知ると、また違った角度から曲を聴くことができると思います。

お気に入りの作品があれば、その作曲家の別の曲も聴いてみてください。そして、作曲家自身のことも調べてみてください。

偉大な作品を残した天才たちは、その才能を有しただけあって皆個性的で、彼らを知るだけでも面白いですよ。きっと、クラシックの楽しみ方が見えてくるでしょう。